• ホーム
  • 通販を利用すればサビトラが安く購入できる

通販を利用すればサビトラが安く購入できる

2020年06月28日

サビトラは、インドの製薬会社が製造と販売を行っているED治療薬で、錠剤の中にはバルデナフィルが含まれています。
日本ではバルデナフィル配合のED治療薬として既にレビトラが承認されていることもあってか、今日に至るまで厚生労働省はサビトラの製造と販売を承認していません。
しかし、インターネット上で営業している通販サイトを利用すれば、サビトラは日本でレビトラを購入する場合より安く手に入れることができます。

実は、サビトラ自体の価格は日本のレビトラと同程度か若干高い程度であり、製品の値段だけを考えると、通販サイトでサビトラを買うメリットはほとんど無いように考えられます。
しかし、製品の購入代金以外の費用については通販サイトを利用した方がずっと少なく、これが安く購入できるといわれている理由の一つとなっています。
日本でレビトラの正規品を手に入れる際には病院の往復分の交通費がかかるほか、病院によっては診察を受けた後に診察料や検査料が請求されることがあります。
それに対して、通販サイトを利用した場合に薬代以外に支払うのは配送料のみで、金額自体も診察料や交通費より少ないです。

また、ほとんどの通販サイトでは注文数量を自分自身で決めることができますが、サイトによっては一度に2個以上注文すると1個あたりの価格を値下げしてくれる所や、購入代金が一定の金額に達していれば送料が無料になる所があります。
このようなシステムが取り入れられているサイトから注文すれば、お得に購入することができます。

通販サイトから医薬品を購入する際には、大量に注文をしても一度に自宅に届く数量に上限があることや副作用被害救済制度の適用対象から外れていることに注意しなければなりません。
また、きちんと運営されている通販サイトから注文しないと偽物を掴まされることがある点も頭に入れておく必要があります。
しかし、これらの点さえおさえておけば、医薬品の通販サイトはとても便利です。

初めてなら10㎎を選ぼう

サビトラには、紫色の箱の中に黄色い錠剤が封じられたシートが入っている10mgタイプと、抹茶色の箱に肌色の錠剤が封入されている20mgタイプの2種類があります。
この構成は日本で製造販売されているレビトラと全く同じです。
有効成分であるバルデナフィルの含有量がまったく同じであり、勃起不全改善効果の持続時間も一緒であるため、10mgタイプと20mgタイプのどちらを買うかはレビトラと全く同じように考えることができます。

サビトラを購入するのが初めてであれば、まずは黄色い錠剤の10mgタイプを選ぶと良いです。
10mgタイプの勃起不全改善効果の持続時間は5時間前後ですが、性行為をする1時間前までに服用すれば効果が十分にあらわれるようになっているので、きちんと勃起不全の改善がみられるようであれば10mg錠で十分でしょう。

また、10mgタイプと20mgタイプでは当然のことながら後者の方が作用が強く、薬効の持続時間も8時間から10時間程度と長いです。
しかし、作用が強くなるということは副作用のリスクも大きくなるということでもあります。
10mg錠で十分な人が20mg錠を飲み続けても、頭痛や動悸、鼻閉、消化不良などといったサビトラの副作用が生じる可能性が高くなるだけです。
20mgタイプに手を出すのは、10mg錠を飲んでも効果がいまひとつと感じるようになったときだけにしましょう。

もし、20mgタイプを買った後に10mgの投与に変更したい場合は、錠剤を綺麗に2分割することができれば10mg錠と全く同じように服用することができます。
カッターやはさみは失敗する可能性が非常に高いだけでなく、怪我をしてしまうこともあるので、できるだけピルカッターを使って分割しましょう。