• ホーム
  • 生活を見直して勃起持続を図る

生活を見直して勃起持続を図る

2020年08月06日

ペニスの勃起が持続しない、「中折れ」と呼ばれる症状で悩んでいる男性が多いようです。
中折れについては肉体的な問題がある場合、精神的な問題がある場合、日常生活に問題がある場合などが考えられますので、それぞれの原因に応じた対策に取り組んでみましょう。
肉体的な問題の場合には自身での解決は難しくなりますので、病院の泌尿器科などを受診して医師に相談をしてみてください。
できればパートナーと一緒に受診をすることをおすすめします。

精神的な問題としては、ストレスが原因となっていることが多いようです。
特にセックスに対して不安を感じている場合などには、中折れの症状があらわれやすくなります。
相手を満足させることができるだろうか、行為の途中で萎えてしまわないだろうかなどと考えていると、ストレスが原因でペニスの勃起が持続しなくなってしまうのです。
セックスに失敗してしまうと男性としてのプライドが傷ついてますますストレスが溜まるといった悪循環に陥りやすくなりますので、あまりくよくよ考えずにおおらかな気持ちを持つことを心がけてください。

日常生活における問題もストレスの原因となり、中折れして勃起が持続しない症状があらわれることになります。
主に人間関係や仕事・家庭環境などから生じるため、日常生活からストレスを完全に排除することは難しいといえるでしょう。
ただし様々な方法でストレスを軽減することは可能ですから、勃起持続のためにストレス解消に積極的に取り組んでみましょう。

ストレスの解消には気分転換が最適です。
気分をリフレッシュして心身を健康に保つことで、ストレスを軽減して勃起力を持続させることができます。
まずはジョギングやウォーキングなどの、軽い運動で汗を流すことから始めてみましょう。
運動をして身体を動かすことに集中することで、日常生活の様々な問題を忘れることができるでしょう。
運動には体内に溜まった老廃物を汗とともに体外に排出する、デトックス効果なども期待することができます。
その他には趣味などの好きなことに没頭するのも、効果的な気分転換の方法です。
「楽しい」と感じることに取り組むことで、日常生活におけるストレスを大きく軽減できるのです。

薬よりも重要な生活習慣の見直し

近年ではインターネットの発達により、勃起持続に効果的だとされる様々な治療薬を手軽に購入することができます。
海外通販代行業者を活用すれば、日本国内では手に入れづらい治療薬を安価で購入できるのです。
ただし治療薬には使用する人との相性がありますし、副作用があらわれる場合などもあります。
また治療薬を安価で購入できたとしても、長期間継続して使用すればその費用は高額なものになってしまうでしょう。

勃起持続のための治療薬を検討する前に、まずは生活習慣の見直しを検討してみてください。
日常生活を改善することは、勃起力の向上のための重要なポイントになります。
男性は脳内でテストステロンという男性ホルモンが分泌されることにより性欲を感じますが、テストステロンの分泌量は20代以降加齢により少しずつ減少することが一般的です。
テストステロンは筋肉を動かすことで消費されるため、脳内におけるテストステロンの分泌を活性化させるためには運動が効果的な対策となります。

健康な食生活を心がけることも、勃起持続のためには欠かせない対策です。
外食や間食が多い人の場合には、食事の見直しが必要になります。
たんぱく質やビタミンやミネラルなどが豊富に含まれる食品を、普段の食事からバランスよく摂取しましょう。
タバコに含まれるニコチンやタール、一酸化炭素などの成分は、中折れの原因となる可能性があります。
タバコを吸っている人はこの機会に、禁煙にチャレンジしてみてください。
さらに勃起力持続のためには、十分な睡眠をとることが効果的です。
男性は睾丸で精子が生成されると、これを射精する本能が働いて勃起力が向上することになります。
睡眠時には成長ホルモンが盛んに分泌され精子が活発に生成されますので、夜しっかりと眠ることが重要なのです。