• ホーム
  • 有効成分のタダラフィルが配合されているシアリス

有効成分のタダラフィルが配合されているシアリス

2020年02月28日
笑顔の男性

シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。
タダラフィルは食事の影響を受けにくく、持続時間が長いという特徴があります。
日本国内で承認されているシアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
病院では主に10mgか20mgの錠剤を使用してED治療が行われています。
5mgはあまり効果が強くないため、基本的に使用されません。
10mgや20mgで効果が強い場合には、ピルカッターで割って使用します。

一般的な病院でED治療に使用される10mgと20mgの錠剤は食事の影響をあまり受けず、持続時間が長いという特徴があります。
服用前に800キロカロリーまでの食事を摂取でき、持続時間は10mgが20時間から24時間、20mgは30時間から36時間です。
効果が現れるまで約3時間かかるので、性行為の3時間ほど前に水かぬるま湯で服用します。
シアリスは800キロカロリーまでの食事を摂取しても問題ありませんが、空腹時に服用すると効果が高まります。

服用前に食事を摂った場合には、2時間ほど間隔をあけるのが一般的です。
脂っぽい食事を摂っても効かないということはありません。
800キロカロリーまでであれば、ファーストフードなど脂っぽい食事を摂ることができます。
シアリスの効果をより高めるためには、脂っぽい食事を摂った後6時間ほどあける必要があります。
基本的に800キロカロリーまでの食事であれば、摂取しても問題なくシアリスを服用できます。

シアリスは空腹時に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
一方少量のアルコールで摂取することもできます。
アルコールは精神安定効果があるため、摂取するとペニスが勃起しやすくなります。
EDは精神状態とも深い関係があり、改善するには精神の安定が重要です。
ただし過度のアルコール摂取は酩酊して性行為を困難にするので注意が必要となります。
適量のアルコールであれば、精神安定効果によってペニスの勃起を促すことができます。

持続時間が長いからEDがバレない

シアリスは持続時間が非常に長いので、パートナーにEDであることがバレないという特徴があります。
10mgの場合は20時間から24時間、20mgの場合は30時間から36時間にわたって効果が続きます。
特に後者は持続時間が非常に長いので、泊りがけでデートに行く場合などに適しています。
一旦服用すれば最長で36時間も効果が持続するため、パートナーにバレないというメリットがあります。
20mgで効果が強い場合にはピルカッターで半分にする方法も存在します。

シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤がありますが、5mgはあまり効かないため使用されていません。
一般的なED治療では効果が強い10mgか20mgを使用します。
タダラフィルは分子構造がブロック状なため、体内で時間をかけてゆっくりと吸収されます。
一般的なED治療薬は即効性が大きな特徴ですが、シアリスの場合は遅効性に特徴があります。
緩やかに体内で吸収され、長時間にわたって効果を実感することができます。

シアリスは持続時間が長いためEDであることをパートナーにバレない以外にも様々なメリットがあります。
持続時間が長いと一定期間内に何度も飲み直す必要がありません。
そのためコストパフォーマンスが優れています。
20mgの錠剤を半分に割って使用すれば、10mgを処方してもらう場合よりもコストを安くできます。
食事の影響を受けにくく、800キロカロリーまでのものを摂取しても問題はありません。
効果はゆっくりと現れるので、副作用を発症しにくく体に優しいという特徴もあります。

シアリスには食事の影響を受けない、持続時間が長い、体に優しいなどのメリットが存在します。
使い勝手が非常に良いため、世界的に人気のあるED治療薬です。