• ホーム
  • レビトラジェネリック服用で出やすい副作用

レビトラジェネリック服用で出やすい副作用

2020年02月23日
薬を飲む男性

先発薬と比べて安く購入することが出来るとして人気があるのがジェネリック医薬品です。
また、安いだけではなく、有効成分は先発薬と同じですので、同じような効果を得ることが出来るということも人気の理由と言えるでしょう。
ジェネリック医薬品は様々な医薬品にありますが、レビトラなどのED治療薬にもあります。

ただし、日本国内ではレビトラの特許が切れていないために、ジェネリック医薬品は購入することが出来ません。
そこで、レビトラのジェネリック医薬品を購入する方法として挙げられるのが、海外から個人的に輸入をするということです。
海外から医薬品を購入するとなると、難しい手続きが必要なのではないかと思う人もいるかも知れませんが、代行業者に利用することにより、通販感覚でレビトラのジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

なお、どのような医薬品にも副作用が生じるリスクがありますので、服用前には副作用についても知っておくと良いでしょう。
レビトラの主な副作用としては、ほてりや頭痛・吐き気・呼吸困難・不眠症等が挙げられます。
症状の程度には個人差がありますが、これらはレビトラの血管拡張作用によるところが多いようです。
副作用が出た場合、症状に応じて頭痛薬などの医薬品を使用し、様子を見ても良いですが、頭痛薬を服用しても症状の改善が見られない場合には医療機関に相談をしましょう。

また、レビトラのジェネリック医薬品を海外から輸入した場合、それが必ずしも正規品であるとは限りません。
中には全く効果の見られない偽物である可能性もあります。
そのような偽物の医薬品を服用した場合、どのような副作用が生じるか分かりませんので、注意が必要です。

レビトラは他の薬を組み合わせて服用することで、副作用のリスクが高まる可能性があります。
服用をする前には必ず、用量・用法を確かめ、正しい方法で服用をするようにしましょう。
日常的に医薬品を服用しているという場合には、併用することが出来るかどうかを事前に医師に確かめることで安全に服用することが出来ます。
体に異変が見られた場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

副作用を防ぐにはピルカッターを使って半錠で服用する

海外で扱われている医薬品の中には、日本人には有効成分の用量が多いものも少なくはありません。
有効成分がたくさん含まれていることで、効果が高まるというイメージがありますが、薬の持つ血管拡張作用により、必要以上に体に負担がかかってしまい、副作用のリスクが高まることにつながる可能性があります。

レビトラのジェネリック医薬品の場合、1錠を服用しようとすると、用量が多く頭痛やほてりなどの副作用が生じやすくなる場合がありますので、必要に応じて半分に割って服用をするようにしましょう。
カッターやスプーンの背の部分を利用して半分に割るという方法もありますが、正確に簡単に半分に割る方法として、ピルカッターという物を使用する方法があります。
手頃な価格で購入することが出来ますし、他の医薬品にも使用することが出来ますので、1つ持っておくと良いかもしれません。

半分にカットしたレビトラはそのままの状態では断面が湿気を含んでしまい、傷みやすくなってしまいます。
そこで保存方法としては、ラップなどで包み、出来るだけ空気に触れないようにして密閉することが出来る容器に入れておくようにしましょう。
冷蔵庫などで保存する必要はなく、冷暗所で保存するようにしましょう。

医薬品には使用期限が設けられており、その期限を過ぎた場合でも全く効果が無いというわけではありませんが、リスクが高くなりますので、服用はせずに処分することをおすすめします。
レビトラの場合、未開封の状態では2~3年程度ですが、開封後は長くても2週間以内には服用をするようにしましょう。
時間が経過していなくても、変色やニオイ・味に異常が見られた場合には、服用は避けたほうが無難です。