お知らせ
カプセルが乗っているお椀と葉

EDの悩みは普通の病気とは異なり、誰かに相談することが容易ではありません。
しかし放っていて自然に解決するものでもないため、早めに対処することが大切です。
医療機関を受診すれば、ED治療薬を処方してもらうことができます。

特に人気が高いのはレビトラですが、レビトラにはジェネリックがあるため、少しでも費用を節約したいと考えている人にはジェネリックがおすすめです。
レビトラの場合、ジェネリックに豊富な種類があります。

レビトラジェネリックの効果

ED治療薬は価格の高いものが多いです。
しかし、EDに悩まされている男性にとっては放っておくことのできない深刻な悩みなので、価格が高くても購入せざるを得ません。
とはいえ、薬はいつまでも価格が高いままというわけではないのです。
薬の価格が高いのは開発費がかかっていたり、特許の問題が絡んでいたりするためなので、特許が切れると価格の安いジェネリックが誕生します。
ジェネリックは同じ成分から作られるため、開発費が安く抑えられ、結果として販売価格も安くなるのです。

ED治療薬のレビトラのジェネリックには多くの種類があります。
そのため、初めてレビトラなどのED治療薬を使おうとしている人は、慎重に選ばなければなりません。
レビトラのジェネリックを服用することで、どのような効果が期待できるのかを確実に把握することが大切です。
ただし、ジェネリックであればどれも同じ成分から作られているので、成分に関しては特に心配することがありません。
基本的に、レビトラに期待できる効果とジェネリックに期待できる効果は同じです。

レビトラは即効性が期待できるED治療薬なので、ジェネリックを服用した場合も即効性が期待できます。
性行為をする機会が迫っている場合、時間が経ってから勃起しても意味がありません。
必要なときに勃起するためには、即効性のあるレビトラのジェネリックを服用するのが適しています。
なぜ即効性が期待できるのかというと、レビトラやジェネリックは水に溶けやすいからです。
スムーズに溶けることで、体内に吸収されやすくなります。

また、勃起の問題と並ぶ男性の悩みに早漏がありますが、レビトラやジェネリックには早漏を改善させる効果も期待できるのです。

レビトラジェネリックは何故安いの?

ED治療薬に限ったことではなく、薬を作るためには開発費をはじめ多額の費用がかかるのです。
当然のことながら、存在していなかった薬を作るときの開発費がもっとも高額になります。
ジェネリックというのは、既に存在する薬の特許が切れた時点で開発できるようになるものです。
薬の作り方や成分が明確に分かっているため、それほど高い開発費を必要としません。
開発費を抑えて作ることができる結果、販売される際の価格も安くなるわけです。

ただし、レビトラの場合は一般的な薬とは大きく異なる特徴があります。
レビトラを開発したのは日本のメーカーではなくドイツのメーカーです。
医薬品の特許が切れるのは開発から20年後なのですが、レビトラはまだ開発から20年が経過していません。
すなわち、まだ特許が切れていない状態なので、日本国内でジェネリックを開発することは認められないのです。

それでは、なぜレビトラのジェネリックという話が出てくるのか、という疑問を感じる人もいます。
もちろん日本国内ではジェネリックが開発されていないのですが、他の国では事情が異なっていて、ジェネリック自体は誕生しているのです。
インドでは薬剤に関する特許を認めていないため、レビトラのジェネリックも作られています。
したがって、購入したい場合はインドで作られた製品を選ぶことになるわけです。

どの国で開発されたものであれ、開発費が安く抑えられるという点は共通しています。
レビトラのジェネリックといえば、バリフ・ビリトラ・ジマトラなどです。
この他にも数種類がありますが、いずれもレビトラと比べて安く購入することができます。
安心感を重視するならレビトラ、価格を抑えたいならバリフ・ビリトラ・ジマトラなどを選ぶのがよいです。

レビトラジェネリックの購入方法

レビトラはまだ特許が切れていない段階なので、日本国内ではジェネリックが開発されていません。
したがって、購入したいと思っている人はインドで開発されたものを輸入するしかないのです。
本来であれば、レビトラを入手するためには医療機関を受診して医師に処方箋を書いてもらわなければなりません。
日本国内にある医療機関以外の団体・会社などがレビトラを販売しているとすれば、それは完全に法律に違反する行為なので注意が必要です。
そのような団体から購入することは避けなければなりません。

日本国内で開発されていない医薬品が医療機関・薬局で取り扱われることはないため、購入することは不可能ではないかと思われます。
しかしレビトラの場合、個人輸入代行という方法を利用すれば入手できるのです。
輸入品として扱われることになるため、日本の法律の規制を受けることがなく、購入することが可能になります。

ただし、バリフ・ビリトラ・ジマトラなどのジェネリックはインドでしか開発されていないものなので、日本国内で作られる医薬品と比べて信頼性は低いです。
個人輸入代行という特殊な方法で購入することになることも、慣れていない人にとっては不安が大きいものだといえます。
バリフ・ビリトラ・ジマトラなどはレビトラのジェネリックとして注目を集めるようになっている製品ですが、安易に購入してしまうとトラブルにつながる可能性もあるわけです。
バリフの通販について解説しているサイトもあるので、購入方法や注意点を事前に確認しておきましょう。

個人輸入代行という方法で購入することが可能だというだけの話であって、必ずしも安全に購入できるというわけではありません。
どのような会社を通じて購入するかなど、気をつけなければならない点は多いです。
よく分からないまま購入するのだけは絶対に避けなければなりません。

ネットでED治療薬を購入する際の注意点

ED治療薬は、本来であれば医療機関で診察を受けて、医師に処方してもらうものです。
医師としっかり話をすることで、具体的なEDの状況を説明したり、対処方法を教えてもらったりすることができます。
ただ、EDの悩みというのは相手が医師であっても相談しにくいものなので、できることなら誰にも知られずにED治療薬を購入したいと考える人も多いです。
レビトラやジェネリックは個人輸入代行という形を使えばネットで購入できるため、心理的な負担は軽減されたといえます。

ネットでED治療薬を購入したいときは、医療機関を受診するというステップを飛ばすことになるため、より慎重な判断をしなければなりません。
レビトラに使われている主成分はバルデナフィルです。
医師に処方してもらう場合と異なり、ネットで注文するときは自分自身で成分の確認をする必要があります。
レビトラやジェネリックを購入するときも、成分表示をよく見て、バルデナフィルが十分に入っているかを確認することが大切です。

ネットの場合、バルデナフィルの配合量が不十分だったり、信頼できないメーカーが開発を手がけていたりすることも少なくありません。
レビトラのことに詳しくない人は、表示を見たときに正確な判断ができないこともあるのです。
また、レビトラのジェネリックなどの個人輸入代行を手がける会社は複数あります。
信頼できる会社なのかを入念に確認し、取り扱っている医薬品が安全なものだと分かったときに購入するのが大原則です。

偽物や劣悪なジェネリックを購入しないためには、価格の安すぎるものを避けるのが基本だといえます。
確かにジェネリックは正規品よりも安いのが特徴で、安く入手したいからこそジェネリックを選ぶわけです。
ただ、価格の安いものは品質の保証がありません。
いろいろな製品の価格を比較し、相場に見合ったものを選ぶのが最善です。